ログイン
既に登録済の方はこちら
ご支援はこちら
新規登録フォームが開きます

ヴァイオリニスト

島谷美賀子

MIKAKO SHIMATANI

サンプル

人生を、聴いて。

サンプル

アーティストとしての私

島谷美賀子

ヴァイオリニスト

2001年生まれ。4 歳よりヴァイオリンを始める。11歳で渡英し13歳でイギリス最古の音楽学校であるPurcell School に入学。卒業後奨学金を得てRoyal Academy of Music に入学。2023年同大学を首席で卒業。 ロンドンのウィグモアホールにてコンサート出演の他2023 年ロンドンシティフィルハーモニックと共演。大学時には室内楽にも力を入れ大学のバックアップのもとイギリス各地で年間40公演以上ものコンサートに出演。 2018年ノースロンドン音楽フェスティバルコンチェルト部門 第1位 第32 回日本クラシック音楽コンクール 大学の部 最高位 第1 9 回ルーマニア国際音楽コンクール 弦楽部門 第1位 第3 回イブラ・グランド・アワード・ジャパン 弦楽器部門 第2位 第24回大阪国際音楽コンクール エスポワール賞 これまでに岩澤麻子、チャールズ・セウォート、レヴォン・チリンギリアン、フィリップ・オノレ、ジェルジ・パウク、清水高師の各氏に師事。 近年はInstagram 、Twitter 、YouTube などにクラシック演奏動画を配信することにも意欲的に取り組んでいる。

私の人生

2000

「今まで」 家族の中で楽器を弾ける人が1人もいなかった中、なぜ私がヴァイオリンに目覚めたのか。それは私が幼稚園年中の時に園で開かれた子供向けのコンサートでした。綺麗なドレスを着た方が優雅にヴァイオリンを弾く姿に憧れ、母に「ヴァイオリンを弾いてみたい!」と言ったのがきっかけで、すぐ最寄駅の駅前にあったヴァイオリン教室の体験レッスンに行きました。

2000

こんな流れで4歳からヴァイオリンを楽しく習い続けていました。好奇心旺盛だった私はお絵描き、水泳、乗馬などの他の習い事もしていましたが、ヴァイオリンだけは飽きることなくノリノリで毎日練習していました。(ちなみに絵は今でも劇的に下手です…涙) 車の中でもクラシック以外の曲が流れているとクラシック音楽を流すよう即座に親に頼む程でした。(そのせいでそれまでクラシックに詳しくなかった両親も段々とハマっていったそうです笑)

2000

小学校に上がると、進学校に通っていた私は常に宿題とテスト勉強とヴァイオリン練習に追われる放課後を過ごしていました。その中でのレッスンというのは結構ハードなもので、先生も厳しく指導してくださったので泣いて帰るようなこともありました。今考えると、このような環境と先生との出会いにより私は精神的にも鍛えられましたしヴァイオリンの基礎を身につけるうえで厳しい指導はなくてはならなかったなと感じています。

2000

小学校5年生で、イギリスに留学をする決断をしました。最初は音楽のための留学ではなかったのですが、ヴァイオリンを持っていかないという選択肢は私にはありませんでした。イギリスでもレッスンを続け、そこで出会った先生のご厚意で1人で高校のオーケストラに参加したりと、周りの方々に助けられながら音楽を続けることができていました。

2000

中学2年生になった時にヴァイオリニストを本格的に目指す決断をしました。小学校の頃から将来の夢を聞かれたら「ヴァイオリニスト」と答えていましたし、なにせクラシックの本場であるヨーロッパにいたので絶好のチャンスだと思い、その夢を叶えるために奨学金を頂いて音楽高校に入学しました。音楽好きで同じ夢を持っている友達に刺激を受けながら沢山のことを学びました。

2000

大学は英国王立音楽院に入学しました。

© 2019-2024 TACTICART,INC ALL RIGHTS RESERVED